FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
Surviving Disaster Chernobyl チェルノブイリの真相~ある科学者の告白~
前回記事で文字起こしした動画をUPします。
ナレーションは日本語音声、その他は英語音声+日本語字幕。
NHK放送分の10分短縮版です。

I'd like to recommend this documentary drama
This is a short version (edited by NHK. English and Japanese).



20110721 Surviving Disaster Chernobyl
uploaded by PMG5
BBC/Discovery Channel/ProSieben (UK/US/BRD 2006)

下のリンク先はBBCのオリジナル版、59分。全ての音声が英語、
字幕なしです。
This is a full version (BBC original. English).
Surviving Disaster Chernobyl - YouTube


にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/04/19 21:04 】
Program in English(英語動画) | コメント(0) | トラックバック(0)
A legend speech
おはようございます!

今朝は取り急ぎ1つの動画をご紹介します☆

伝説のスピーチ 環境サミット@リオ 1992年6月


セヴァン・スズキさん12歳のスピーチです。

今日も良い一日を!

応援いつもありがとうございます☆♪

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

【2011/11/21 07:13 】
Program in English(英語動画) | コメント(2) | トラックバック(0)
what I learnt about Libya & Muammar Al Qaddafi
こんにちは

今日は3日前に亡くなられたカダフィ大佐について、
動画をご紹介したいと思います

動画内の英文と日本語訳を下に載せます

日本語訳の方は、より伝わると思う表現にした部分と、
誤訳の部分があったので、一部変えています。

「リビア人の5分の1以下が、読み書きが出来なかった
 ↓
 読み書きが出来る国民は、全体の5分の1以下だった。」

一つ目の'rebels'は、欧米、ロスチャイルド家に対する反逆者
としてのリビアでありカダフィ政権のことを指し、
二つ目の'rebels'は、リビアカダフィ政権に対する反逆者、
つまり「反政府軍」と訳しました。

話の大筋は変わっていません
間違いに気付かれた方は、どうかご指摘下さい

私はこの件に関して不勉強ですので、今から知って、
少しでも真実に近付いて行けたらと思っています

元気に無邪気に街の人々に元気元気ポーズをし続けるカダフィ大佐が
何だか可愛く見えました  

カダフィの真実を知ってほしい mamoruyo2さん投稿



what I learnt about LIBYA & Muammar Al Qaddafi
私がリビアとムアンマル・アル・カダフィについて知ったこと

In 1951 Libya was the poorest country in the world
before the NATO invasion Libyans enjoyed the highest standard of
living in Africa & ahead of Russia, Brazil & Saudi Arabia.


1951年、リビアは世界で最も貧しい国だった。
しかし、NATO侵攻前は、アフリカで最も高い生活水準を誇っていた。
生活水準は、ロシア、ブラジル、サウジアラビアよりも高かった。


In Libya, homes are considered a human right.
Newly married couples receive $50,000 to buy their own home &
electricity is free to ALL people.
No, I'm not making this up...


リビアでは、家を持つことが人権と見なされている。
新婚夫婦はマイホームを買う為に、政府から5万ドルを支給される。
電気代は全ての国民に対して無料。これは作り話ではない。


Qaddafi vowed to house every Libyan before his own parents.
He kept his promise & his own father died before he was able to
be housed.


カダフィはかつて、全ての国民に家を与える事を、彼の両親の前で誓った。
そして彼はその誓いを守った。彼の父は家を持てずに死んだからだ。


Before Qaddafi, less than 1/5th of Libyans were literate.
Now education is free & high quality & the literacy rate is 83%.
Health care is also free & high quarity & if Libyans cannnot
find the education or healthcare they need in Libya,
then the Libyan government funds them to go abroad to access it.


カダフィ政権前は、読み書きが出来る国民は、
全体の5分の1以下しかいなかった。
現在は、教育は無料で質が高く、識字率は83%。
医療も無料で、質が高いものが受けられる。
もし国民が、必要な教育や医療をリビアで見つけられない場合は、
彼らが外国へ行けるように政府が資金を提供する。


All loans are interest free 0% by law.
If a Libyan buys a car, the government pays 50% of the price.
The price of gasoline is $0.14/L.
Any Libyan wishing to become a farmer is given free use of land,
a home, equipment, livestock & seeds.


ローンは全て利子0%と法律で定められている。
国民が車を買う時は、政府が代金の50%を支払う。
ガソリン代は、0.14ドル/L。
農業を始めたいという国民には、土地、家、機具、家畜、種子が
無料で支給される。


On 1st July 2011, 1.7 million people assembled in Green Square Tripoli
to show defiance against the bombing by NATO.
This represented around 95%of the population of Tripoli & about one
third of the entire populationof Libya!
The Libyan central bank is state owned & unlike ALL banks in the west
is not owned by Rothschild & issues debt free money.


2011年7月1日、170万人のリビア国民が首都トリポリの緑の広場に
集まり、NATO爆撃に抵抗を示した。
トリポリの人口の約95%が集まり、
これはリビア国民の全体の3分の1に相当する!
リビア中央銀行は、西洋の全ての銀行と違って国有銀行だ。
ロスチャイルドの所有ではなく、利子のつかないお金を発行する。


In the 1990's Libya was accused of being responsible for the
Lockerbie bombing of PanAm 103.
It has transpired that the US paid witnesses at the trial $4 million
each, to testify against the accused Libyan man.
Yes, they were paid to lie & have since recanted their evidence.


1990年代、リビアはロッカビーパンナム103爆破事件の責任を問われた。
その際アメリカが、被告のリビア人男性に対して裁判で不利な証言をさせる為に、全ての目撃者に一人400万ドルずつ払ったことが発覚した。
証人達は金を貰って嘘をつき、以後、証言を撤回している。


Qaddafi was also working to change payment for Libya's oil away from the
US dollar to the gold African dinar.
This move prompted Sarkozy to call Libya 'threat to the financial security
of Mankind'.
One of the first acts of the Libyan 'rebels' was to create a new central bank
to one that was owned by Rothschild, just as ours in the west are.


カダフィはまた、リビアの石油の支払いを、
アメリカドルから、アフリカディナール金貨に変えようとしていた。

この動きを受け、サルコジはリビアを
’人類の金融安全保障に対する脅威’と呼んだ。
リビアの’反逆者’が最初に行ったことのうちの1つは、
新たな中央銀行を創ることだった。
私達西洋の銀行のような、ロスチャイルドの所有するものとは違う銀行を。


The Rothschild family are estimated to own over half the world's wealth.
Rothschild owned banks create money out of thin air & sell it to the people
at interest.
This means we never have enough money to pay back what is 'owned'.
So we & our unborn children are made debt slaves to Rothschild banking interests.


ロスチャイルド家は、世界の富の半分以上を所有すると推測されている。
ロスチャイルド所有の銀行は、空気から金を作って、利子を付けて人々に
売っている。
つまり私達は、決して、負債を返すに充分なお金を持つことはないのだ。
私達や私達の子供達は、ロスチャイルド銀行の利子の負債奴隷にされて
いる。


Unlike our leaders, Cameron, Obama, Sarkozy et al, Qaddafi refused to
sell his people out.Libya was DEBT FREE!
Are you beggining to see why Qaddafi gets this response form his people?
& who is behind the NATO bombing of a free & sobereign people?


私達の指導者キャメロン、オバマ、サルコジと違い、
カダフィは自国の国民を売ることを拒否した。
リビアは債務から自由だったのだ!
貴方は分かり始めているだろう、何故カダフィが国民から、
映像にあるように、これほどの熱い声援を送られているのかを。
そして自由と主権を持つ人々を爆撃するNATOの裏に、誰がいるのかを。


Libyan had much that we do not have in the UK, USA & EU.
They have a leader who has integrity & courage & who worked in their best interests
& not the Rothschild's best interests.


リビア人は、イギリス、アメリカ、ヨーロッパの人々が持たないものを持っていた。
彼らは、彼らの最大の利益の為に働く、高潔で、勇気のあるリーダーを持って
いた。
ロスチャイルドの最大の利益の為に働く指導者ではなく。


Libyans shared in the wealth of their country free from the shackles of usury &
Rothschild banks without the tyranny of Rothschild control over the issuance of
money, we could all live as rich people.


リビア人は、ロスチャイルドの銀行の高利貸しの束縛から自由な、
彼らの国の富を分かち合っていた。
お金の発行に関するロスチャイルド支配の暴政がなければ、私達は皆、
豊かな国民として生きられるだろう。


We have been literally robbed of trillions of £/$/€ by
Rothschild bankers & their rent boy.
We have been raped & enslaved.
Just as Libya will be raped & enslaved if we don't stop this crime
against humanity.
It is estimated that 30,000 Libyans have been killed by NATO & it's 'rebels'.


私達はロスチャイルドの銀行家達と、金で買収された政治家達によって、
何兆ドル、ポンド、ユーロを、文字通り盗まれているのだ。
私達は略奪され、奴隷にされてきた。
私達がこの人道に対する罪を止めなければ、リビアもまた、略奪され、
奴隷化されるだろう。
3万人のリビア人が、NATOと’反政府軍’によって殺されたと推定される。


Qaddafi believes in direct democracy as laid out in his book
'The Green Book'.
I have put link to Qaddafi's Green Book Blow. Please read it.
He believes that parliamentary democracies are inherently corrupt
& that people can & should represent themselves.


カダフィは、直接民主主義を信じた。
その思いは彼の「緑の書」に述べられている。
下の方にカダフィの緑の書へのリンクを貼ったので、是非読んでほしい。
彼は、議会民主主義が本質的に腐敗していると信じた。
そして、国民自身が自分達自身を代表すべきであり、
それは可能であると信じた。


I cannot just sit by any longer & watch how individuals, groups & dontries are
demonised & destroyed by our criminal governments & then watch the media
protect those responsible for crimes against humanity.


個人や集団や国が、悪魔のように仕立て上げられ、
私達の犯罪政府によって破壊されていくのを、
これ以上ただじっと座って見てはいられない。
メディアは、人道に対する罪を犯す犯罪者たちを擁護する。


I refuse to pay taxes to the criminals responsible for this.
Stop paying for their bombs.
Refuse to pay your taxes.
Don't pay for the propaganda.
Stop paying the BBC licence fee.


私は、犯罪国家に対して、戦争の為の税金を払うことを拒否する。
彼らの爆弾の為に金を払うのは止めよう。
税金を払うことを拒否しよう。
プロパガンダの為に金を払うのを止めよう。
BBCの受信料を払うのを止めよう。


We must show solidarity with the Libyan people.
If we sit by & watch these crimes against humanity & do nothing,
then we are complicil & one day...It will be our turn.


私達はリビアの人々への連帯を示さなければならない。
もし私達が、これらの人道に対する犯罪を目の当たりにしながら
何もしないならば、私達は共犯であり、

そしていつの日か、私達に順番が回って来るだろう。

Fuck NATO! Fuck the UN! Fuck the New World Order!
It's time to act people.
It's time to find our courage & rise up.
Mass Non Compliance against the NWO!


くたばれNATO!くたばれ国連!くたばれ新世界秩序!
今こそ行動する時だ。
私達自身の勇気を見つけ、立ち上がる時だ。
民衆よ、従順でいることなく、新世界秩序に抵抗しよう!



遠い世界の出来事も、ヒトごとのようでいて、そうではないのだと、
最近つくづくそう思います。
真実に目を向けて、力を出し惜しみせず、
出来ることを一つずつ着実に、行動していきたいと思います。

カダフィ大佐のご冥福をお祈り致します。

応援クリックをよろしくお願い致します。
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2011/10/23 15:33 】
Program in English(英語動画) | コメント(20) | トラックバック(0)
東日本大震災の真相・最終
こんにちは
動画の会話訳文、5つ目の記事です

Leuren: Now, the US DOE personnel from Livermore lab where I was, at
     Chernobyl right after the accident, and one scientist produced a
     fraudulent report that completely minimized and sanitized that
     disaster. Indiana Avril told me that Chernobyl was a force frag,
     that was carried out against the Soviet Union to end the Cold War.

ローレン:チェルノブイリ原発事故の直後にチェルノブイリにいた、私が所属して
     いたリバモア国立研究所の米エネルギー省担当者と、ある一人の科
     学者は、事故を完全に矮小化し不都合な情報を削除した、不正な報告
     書を作成しました。チェルノブイリ原発事故も偽旗(にせはた)作戦で、
     ソ連に対して冷戦を終わらせる目的だったと聞きました。

Leuren: And now, in a very similar way, Fukushima is a force frag beeing
     carried out covertly to bring transformation to Japan's economic
     viability and roll in Asia as well as the unification of the north
     American continent into one region which will be run a restructured
     like the Europian Union. So we are in very very very dangerous
     stage now, and you can see how these bankers have used weapons
     of mass destruction and the Department of Energy, CIA and
     Japanese government as their agents is carring out the most
     terrific force frag that is ever be carried out in the history
     of the world.

ローレン:そして今、非常に似た方法で、福島においても秘かに偽旗作戦が
     実行されました。これはEUのように一つの地域に再構成される、
     北アメリカ連合の統一と共に、日本の経済力とアジアでの役割に
     変革をもたらすことが目的です。つまり、私達は非常に、非常に、
     非常に危険な段階にあります。銀行家達が大量破壊兵器を利用して、
     米エネルギー省、CIA、日本政府を代行者として、今まで世界の
     歴史上一度も実行されたことのない、最悪の偽旗作戦を実行したの
     です。

Fukushima HAARP nuclear attack by CIA, DOE for London banks
Leuren Moret & Alfred Webre 

福島原発 日米政府による広島・長崎・福島の放射能データ改ざん
ローレン・モレ&アルフレッド・ウェバー    


     
アルフレッドのしかめっ顔が気になった方も、
ローレンの喉が心配になった方も、
初耳の方も、半信半疑な方も、
このことについて思いを馳せてみてくれると嬉しいです

福島のために、日本のためになることは、
放射能汚染された食べ物を無理矢理食べる事ではなく、
関心を持ち胸の痛むような事実から目をそむけず、
疑問に思うことに声を上げていくことだと思います

特別なことをしなくても、
人それぞれの能力を活かして、
それぞれに出来ることをやっていければ、
それは大きな力になっていきます

応援ぽちっとよろしくお願い致します

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

テーマ:東日本大震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/09/16 14:12 】
Program in English(英語動画) | コメント(6) | トラックバック(0)
東日本大震災の真相・4
動画の会話訳文の、最後から2つ目の記事になります

Leuren: Now, What Shingo Annen told me today, is that he got a PDF,
     a copy of "the US Japan joined Fukushima Chernobyl map"
     and what they did was measure CZM levels all over northern
     Japan and they superimposed a map of the fadiation map of
     Chernobyl on top of that in a books very much the same.

ローレン:Shingo Annenが今日ある話をしてくれました。彼は「米日合同福島
     チェルノブイリ地図」というPDFファイルを入手したそうです。ファイル
     の製作者は、東北地方全域の沿岸域の放射能管理レベルを測定し、
     それをチェルノブイリ放射能汚染レベルの地図に重ね合わせて、一
     枚の地図として見られるようにしていました。

     dandominaさん注:
     CZM level (Coastal Zone Management) 沿岸ゾーン管理レベル

Leuren: But, he hacked the PDF and what he discovered was that the
     PDF of the map had two layers to it, and the top layer was
     labeled as "Joint US-Japan CZM survey", but underneath the
     layer was the original base document of the map with the
     title at the bottom indicating that is with a US Department
     of Energy-DOE original document.

ローレン:しかし、彼がこのPDFファイルをハッキングして見つけたことは、その
     PDFファイルには二層あって、上の層には「米日合同CZM調査」と書い
     てあるけれど、下の層の、オリジナルの元となっている地図文書の下
     部には、米国エネルギー省オリジナル文書となることを示すタイトル
     が記載されていたことです。

Leuren: Therefore, the US DOE produced the original document, it was not
     a joint project with Japan and they indicates that the Department
     of Energy as in Chernobyl has been complicit and highly invilved
     in this covered up from the very begining in fact running it.
     And TEPCO was just following their orders.

ローレン:ということは、米エネルギー省が元々の文書を作成しているということ
     です。これは日本との合同プロジェクトなんかじゃありません。このこ
     とはチェルノブイリの時と同じように、米エネルギー省がこの事件の最
     初から共謀し、隠蔽工作に高度に関与していたことを示しています。実
     際、彼らが最初から全てを計画し、実行してきたことです。東京電力は
     単に、米エネルギー省の命令に従っていただけです。

もう一息!ぽちっとお願いします 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

テーマ:東北関東大震災 - ジャンル:ブログ

【2011/09/16 00:49 】
Program in English(英語動画) | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。