FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
環境省の「フワフワおとぼけ作戦」
こんばんは

今日は、熊本県の議員さんによる、がれき処理に関する説明会のレポートをご紹介します。
こんな風にレポートを書いて下さる議員さんを日本中で大切にしたいですね

環境省が熊本県内の自治体のがれき問題担当者を対象に開いた説明会の様子を書かれているのですが、自治体職員に対してさえもとぼけたり曖昧に返事をしたり、事前に提出されていた質問に対して「今資料がないので…」と答える環境省職員の呆れた態度が描かれています

ちょっと読んでみて下さいね改行だけ加えました。

熊本県議会議員・大西一史の県政レポートより 

【全文転載ここから】

国を本当に信じてもいいのですか? 2012年4月25日

今日は環境省の「東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域処理に係る市町村等への説明会」に参加してきた。会場のグランメッセ熊本には県内の自治体の担当者など130人ほどが集まっていた。私は担当者ではないので、後方で県の幹部と一緒に傍聴をしていた。

1時間ほどの国の説明だったが、何か従来より踏み込んだ説明があるのかと思ったが、「対象となるがれきの放射性物質は微量で安心できるもの」という話が中心で、それ以上踏み込んで「科学的知見や科学的根拠」が示されたわけではなかった。

「安全性についてこれで安心しろという方が無理だろう・・・どんな質問が出るのかぁ?」と黙って質疑を聞いていた。

最初はあらかじめ市町村等からの質問事項をまとめたペーパーを県の担当者が読みながら質問してそれに環境省の担当者が答えるという形であったが、質問はかなり具体的なもので、恐らく事前に環境省にはペーパーが出されていたと思うが、それらのほとんどの質問項目に具体的に答えられないで「ちょっと今詳しい資料を持っていないので、後日・・・」とか「えー、本省に確認しましたが・・・えーっと」とか、とにかく具体的な数値になったりするとほとんど答えられないような状況であり、

「食品の安全性や風評被害など万一何か問題が生じた場合は国が責任を取るのか?」
というような質問に対しても国の責任には一切触れずじまいであった。

あらかじめ回答しやすいようにペーパーでまとめてわざわざ「質問通告」をしていたにも関わらずほとんど回答できないとは、これでは何のための説明会だったのか?一般の素人相手の説明会じゃなく、行政マン同士の説明会の場であるが、到底そんな専門性も微塵にも感じられなかった。

会場からの質疑も、例えば、
「放射性物質の濃度は8000ベクレル/キロという基準が示されているが、問題は濃度だけでなく、放射性物質の総量が重要でその基準が示されていないがいつ頃示されるのか?」とか

「今の処理施設は放射性物質を全く想定していない。放射性セシウムが消えるのにはあと200年ほどかかると思うが、現在の処理施設は普通のごみ焼却でせいぜい数十年の実績である。放射性物質の安全性など誰もわからない中で、処分場をずっと自治体は管理していかなければならない。100年先、200年先までの安全性を本当に国は担保出来るのか?」
という質問が出されると、環境省の担当者が頭を抱えて何も答えられないのである。

質疑の様子を見ていて、だんだん国の担当者が気の毒になってきて、リングサイドからタオルを投げてあげたいような気分であった。(笑)

私の隣りに座った県幹部に「こりゃだめだね。」と話をしたら頷きながら苦笑いされていたが、今回の説明会で国の「安全です」という主張に納得した市町村の担当者は皆無だろう。

【全文転載ここまで】


こんないい加減な省が推進しているがれきの全国ばら撒き遊び、
信じて良い訳ないと思いませんか~?


「Die Fukushima-Luge ふくしまのうそ」でも、ZDFTVの記者に質問され、20秒も黙り込んでしまう東電の災害対策部責任者が映されていましたね。
Die Fukushima-Luge ふくしまのうそ 2012/04/16


Q.記者「原発はほとんど破壊したと言ってもいい訳ですが、原発が健全だった1年前ですら大地震に耐えられなかった構造で、どうやって次の地震に耐えるつもりなのでしょうか?」

A.東電「我々は耐震調査を4号機に限らず全体で行いました。その結果、問題ないという判断が出ています。」


Q.記者「地震学者たちは、4000ガルまでの地震加速度が測定されていて(2008年岩手・宮城内陸地震時、最大4022ガル、311時、最大2933ガル)これだけの地震に耐えるだけの原発構造はないと言っています。
半壊状態のフクシマの原発の真下でそのような地震が来ても全壊することがないと、なぜ確信が持てるのですか?」

A.東電「その4000ガルというのは別の調査じゃないでしょうか。それに関しては、私は何とも言いかねます(笑)。」


Q.記者「原発を日本で稼働させるだけの心構えが、東電にできているとお考えですか?」

<20秒間の沈黙>

A.東電「…それは答えるのが難しいですね。」


2008年の岩手・宮城内陸地震では4022ガルでも原発の屋根は吹き飛ばなかったんですね。
311の原発爆発映像を観た時、911のビル破壊映像を観た時のような気分になったのを覚えています
スポンサーサイト

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

【2012/04/28 22:18 】
Radioactivity(放射能) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<久し振りの空 | ホーム | 「九州だけどgkbrしてるやつ」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://virgoblue.blog53.fc2.com/tb.php/185-d5735f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。